アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

企業を運営する時にどんな業種でも必ずすべき事があります。
それは仕事場を確保する事です。
仕事を効率的に行える拠点を構える事で、円滑な業務遂行が可能になります。
だから取引先が周囲に多く存在する都心のオフィスは、借りるための費用が莫大なものになります。
しかし立地条件のいいオフィスはそれだけ恩恵を与えてくれるものです。
それが必ずしもイエスと言えなくなったのは、どこでも仕事ができる環境が整った事が理由の一つにあります。
取引相手との話し合いは大切な事である事は変わりません。
しかし面と向かって会う必要はなくなりました。
電話会議などの離れた場所での話し合いが簡単になったからです。
つまり条件を満たせれば立地条件が悪くても問題はありません。
それによってオフィスに新たな需要が生まれました。
イメージアップとして使われる、バーチャルオフィスとレンタルオフィスもあります。

仕組みについて

そして起業するためには備品が数多く必要になります。
それを準備するだけでもひと手間です。
その準備の大変さを軽減するために現代で流行しているのが、レンタルオフィスやバーチャルオフィスの利用です。
これらは通常の賃貸事務所と大きく違う点があります。
それは顧客が望む限られた機能だけを利用できる事です。
レンタルオフィスは一室の一部を借りる形態です。
室内の全てを利用するわけではないので、安い値段で借りる事ができます。
さらに備え付けの大型機械を共有する事で、最低限の設備を非常にリーズナブルな価格で使えます。
バーチャルオフィスは連絡先だけを借りる形態です。
それによって仕事の窓口を構築する事ができます。
連絡があれば利用者に転送される仕組みです。

イメージをアップ

どこでも仕事ができるようになった事で、自宅を仕事場にしたいと考える人が増えました。
この考え方はSOHOと呼ばれるもので、多くの人に理解されるようになっています。
しかし全ての人がそのやり方を認めているわけではありません。
特にビジネスのようにシビアが求められる世界では、自宅をビジネススペースにする事に抵抗を感じる人が存在します。
そんな人を相手に商売ができるようにする事が、レンタルオフィスやバーチャルオフィスの役割です。
これらのオフィスのサービスは仕事場や連絡先の提供だけではありません。
イメージアップ戦略としても使われています。
きちんとした場所で仕事をしている事を取引相手に認知させる事ができれば、安心感を与える事に繋がるからです。

オススメリンク

会議などのためにレンタルオフィスを利用するならこちらから:レンタルオフィスNavi【大阪版】

オフィスの知識

サービスを合体させて顧客の要望に応える事で、多くのケースに対応できるようになりました。
しかしそれには問題点も生まれます。
それはサービスが複雑化する事で、顧客の希望と必ずしも合…Read more

レンタル機能

オーストラリアで始まったレンタルオフィスというシステムが、日本に登場したのはサービス開始からおよそ20年後でした。
レンタルオフィスは最初から備品が置かれている事務所の事です。
Read more

関連リンク

BACK TO TOP